受験本番までに出来ること!その壱

   

今日は2回目の週例模試!

朝から全快で頑張りましょう!!

ということで受験生は高校入試に向けてラストスパートという時期になってきました!

この週例模試は県立高校一般入試受験直前まで、毎週日曜に実施しております!

 

開始時間は8:40から!

そして昼過ぎには5教科すべてのテストを終えて即採点、午後からそのテストの直しをすぐに行ってもらい18時まで!

ついでに土曜の朝も開講して、受験生には半ば強制で頑張ってもらっています!

土日くらいは朝から動きたくない、、、という受験生も多いことと思いますが、TORii塾では朝からいきなりテストをやります!

しかも毎週!

朝からやる!そしてそれを毎週やるということに大きな意味があります!

 

それではこの週例模試での目的、狙いというものがいくつかあるので、

今回はそのうちの大きな2つの狙いをを紹介します!

 

 

まず一つ目は、本番を想定した訓練を積むという事。

 

本番当日にしっかり実力を発揮するためには、模擬訓練(シミュレーション)がものすごく有効になります。

テストに限らず、仕事、スポーツ、エンターテインメント、世の中すべてにおいてです!

 

本番を想定してより本番に近い環境を作り、様々な事態を想定して対処法を考え、そして動く!

これを繰り返し訓練する!

大事です。

本番を想定するうえで具体的に何を意識するのか、、、というのはまた長くなるので次回にでも、、

 

そして二つ目は、生活習慣を整えるということ。

 

本番の試験は午前中です。

朝からしっかり頭をフル回転できる状態にもっていかないと、せっかくいままで頑張って身に着けてきた実力を十分に発揮できなくなります。

 

中学生。

ほっといたら深夜まで勉強をしすぎて、次の日は昼まで爆睡、、下手したら夜まで爆睡。

だったらまだ良い方ですが、スマホゲーム、ユーチューブで、、、というのは最悪。

 

休みの日くらいは、息抜きも必要だし、やりたいことやって寝たいときに寝るのが気持ちいい!というのはわかりますが、、、

それを毎週土日にやってしまうと、次の週の朝ものすごくつらい!

というのはみんな経験済みだと思います。

 

私も不規則な生活になりがちで、寝れるときにたっぷり寝ておかないと体がもたない、、、と思うのですが、、

そうするとどうしても調子に波ができやすくなってしまいます。

寝だめというのは出来ないそうで、やはり規則正しいリズムで寝起きするというのが、体と脳のバランスを一番保ちやすいそうです!

 

規則的なリズムをキープすることで、調子の波は起こりにくくなり、安定して高い実力を発揮できる!

特に思春期、体と心が急成長するこの時期の睡眠リズムというのはものすごく大事!

 

ということで、この先ずっとそうしろとまでは言わないので。

人生の岐路である大事な局面においては、

せめて、受験当日までのラスト2ヶ月間は受験生には土日もリズムを崩さないようにしてもらう!

とにかく朝一で必ず来てもらい、昼からはゆっくりしてもいい!

朝から毎日脳みそを使うということを習慣付ける!

そうすることで、しっかりと本番当日、十分に実力を発揮できる!

 

この二つが大きな狙いとなっています。

まだ細かいこともあるのですが、それはまた後日少しずつ小出しにしていこうと思います!

 

高校受験最終である県立一般入試まであと44日!!

国立高専はあと28日!

私立は11日!

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常