今年の大仕事 part2

   

本日は先日もブログで紹介した卒塾生のS・G君が大学に戻るので、最後に受験生たちにありがたい言葉を残していってもらいました。

話の内容をかいつまんで紹介すると、受験に向けてのモチベーションの上げ方。

そして今時の受験勉強が将来どのように役立つのか。

 

話の内容は本当に素晴らしいもので、厳しくも、つらい受験勉強を乗り越えた人の話だからこそ、心に響くものがありました!

受験生たちの中には明らかに目の色を変えて頑張ろうとする生徒が多数!

まあ普通そうですよね。

逆にあれを聞いて頑張らないやつ、、マジで意味わかんない、、、

そんな奴一人もいないでいてくれよと願っていた矢先に、、、

 

話が始まって早々こそこそ本を読もうとして隣の生徒にやばいよと言われていたり

話を聞いてる最中も時計をチラチラ見ていたり、、、

視線もずっと明後日を見ているような感じ、、、

 

この生徒が以前このブログでも紹介した、悪い意味で目立つ生徒(問〇児)ですね、ハイ。

 

以前のブログではその生徒のその後をまた報告しますと言っておりましたが、、、

ハイ。現状こんな感じです。

何も変わっていません。

いやむしろ悪化していますね。

夏期講習も課題進行状況は半分程度。

夏休み明けの模試も偏差値が唯一下がり。

もう目も当てられない状態。

 

そこに来て今日のありがたい話の最中のあの態度。

もうさすがの俺もぶち切れですね。

久々に感情むき出しになりました。

 

もう本当の最後通告をしました。

ここで変わらないのならばもうこの先私が教えられることは何一つありません。

 

あとはその生徒が何を感じてどう動くかだけ。

もう言いたいことは全部伝えました。

感情的になった部分もありましたが、、、

 

しっかりと、冷静に、伝えました。

 

保護者とも早急に面談しなければいけませんね。

もちろんここからこの生徒が激変してくれることを望むばかりです。

その思いしかないのですが、、、

 

まあ結局は根本のところは私程度の塾講師一人の力では変えられないという事を痛感させられました。

 

これをわざわざこのブログに残すという事は私自身の戒めでもあります。

 

塾講師を数年経験したことのある方なら賛同してくれる方も多数おられると思いますが。

どうにもできないこと、出来なかったこと。

諦めないという事を謳っておきながら、諦めざるを得ない状況になってしまった事。

 

この状況になる前にもっと出来ることはあったのではないか、、、

本当にやれることをすべてやり切れたのかどうか、、、

後悔はあります。

この後悔を、私もですが、その生徒も次の自分の生きる力に変えて頑張っていければ、良いのではないかと思います。

 

この日のこの気持ちを忘れることなく次に繋げていきたいと思います。

 

折角のS・G君の最終日をみんなで明るく送り出してあげたかったのですが、こんな空気になってしまってマジでゴメンなさい。

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常