久しぶりのTORii塾

   

※本日は平和講師に代わって、以前講師を務めていましたEMI講師がブログを更新します。

 

現在、私はベトナムで日本語を教えています。

今週は夏休みで一時帰国しています。

 

今の時期のTORii塾は、期末テストも終わり、夏期講習前の助走期間。

面接ウィークということもあり、1日限定ですが手伝いに来ました。

 

久しぶりの塾でしたが、塾生たちはとても真剣に!

そして、相変わらずですがとても長い時間頑張っていました。

 

TORii塾で大切にしている勉強方法は、

「自分で考え、解決する力」を鍛えることができます。

 

この勉強方法、そして「自分で考え、解決する力」は、

私自身がベトナムで日本語を教える際にとても役立っています。

 

日本人に日本語で教える場合と、

ベトナム人に日本語で教える場合と、

どのように説明したらわかりやすいかが違いました。

 

また、学生の日本語レベルが上がるにつれ、

学生自身が自分でしっかりと自習する時間が最も重要であるという壁にぶつかりました。

TORii塾で教えていた勉強方法が役立つ時がやってきました!

 

ベトナムの現在の教育は、昔の日本の詰め込み教育に似ています。

そのため、教えられたことをただ覚えるだけの学生が多いです。

最初のころは、テスト前だけ勉強する学生が本当に多かったです。

ほとんどの学生は自習の仕方を知りません。

しかし、ちゃんと方法がわかれば、出来るようになります。

 

日本語だけではありませんが、

語学は多くの単語や表現を詰め込んだだけでは

検定や会話能力は身につきません。

 

教えてもらうよりも、

自分の苦手を中心に、直したり、調べたりしながら

繰り返して、積み重ねていく必要があります。

 

そのためにも、自習が必要です。

今、私はベトナムの学生にTORii塾で教えていた勉強方法を教えています。

TORii塾の塾生と同じように、直したり、調べたりしています。

本当の意味で、自習が身につくのはまだまだこれからですが、

ベトナムでも、この勉強方法を身に付けてよかった!

と思ってもらえることが、今の目標です。

 

次回はおそらく冬に帰国すると思います。

その際は(お邪魔でなければ)、また塾のお手伝いに来たいと思います!

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常