受験対策特別コースについてその4

      2019/01/24

今回は前回に引き続き受験対策特別コースについての説明の続きです!

二つめ!すぐに解ける問題となかなか解けそうにない問題との見極め!

これが出来ない生徒は模試の点数がかなり不安定になります!

難しい問題、時間がかかる問題に必要以上に時間をかけてしまい、解けるはずの問題は時間が足りずに解くことすら出来ない。これによって実力を発揮できないままとなります。

これも時間配分につながる部分はあるのですが、根本的な解くスピードなどを上げていくのはかなりの努力と時間を要します。

しかし、今ご紹介した確実に解けそうな問題を見極めて先に解いていくというやり方は、意識すればすぐにでも出来るようになります。

練習をしてスムーズに出来るようになる必要はありますが、今まで時間が足りなくて点数が伸び悩んでいた生徒はこのやり方をマスターするだけである程度の点数までは取りやすくはなります。

解けるはずの問題を確実に解いて得点をあげるので、現状の実力をしっかり発揮できるようになるわけです。

受験生も例外ではなく、限りなく満点を目指す生徒もイージーミスを減らすためにも見極めを素早く出来るようになることは絶対に必要だと思います。

それによって時間にもゆとりがでたり、一通りどんな問題があるか把握することで、あとから焦らずに難しい問題に時間をかけることも出来るようになります。

実践でしかこの練習は出来ないので、普段の実力テストや、塾のテスト中でもそのやり方に慣れるいってほしいというところです。

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常