問題を飛ばすと良いことだらけ

   

本日はテスト本番での注意点を一つ挙げてみます。

時間配分についてです。

理解できない問題にハマってしまい、予想以上に時間を費やしてしまい、全問解ききれずに終わってしまうという事は本当に良く聞く話です。

そんな時にどうすればよかったか。(今回は少し長くなりますので全部読んでいただくには少々お時間をいただきます)

単純に、「これは難しい」「答えがなかなか出ない」と思った瞬間に飛ばして次の問題に行くことです。

大人になってから冷静に考えてみると当たり前やんと思うかもしれませんが、中学生にはこれがなかなか難しいのです。

普段の授業や問題を解くとき、「その問題が解けるまで絶対に諦めずに頑張ろう!」という事を小学校時代から刷り込まれてしまっている生徒達はことのほか多かったりします。

そんな状態の生徒は、「飛ばしてしまう事はダメな事だ」「負けだ」と思い込んでしまっていることがあります。

実際にTORii塾でも一番先に教える事は、わからない問題は即座に飛ばすという事です。

飛ばしてしまったらわからないままになってしまうじゃないか、と思われるかもしれませんが、何よりも勉強を進めるうえで効率が悪いのはこのわからない問題に無駄な時間をかけすぎるという事です!

そして勉強のできない、つまり効率の悪い勉強をしている生徒の大半がこれをしてしまっています。

その無駄な時間とはどういうことかと言いますと、わからない問題に直面した時、彼らは自分の頭の中で「あれかな、これかな、でも違うような」と考え始めます。悩むことも大事な勉強の一部ではあるのですが、その後「もうわからんわ~やだな~早く塾終わらんかな~」といったようにわからない問題に詰まったことをきっかけに気がそれてしまったり、集中力が途切れてしまい、睡魔に襲われたりなど、結局無駄に時間が浪費していくだけという状態になってしまいがちです。

「それは一部の生徒だけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、飛ばすことが出来ない生徒にはほぼ例外なく当てはまります!

気がそれなかったとしても、調べ学習で教科書や辞書を調べて答えを見つけたり、質問をして解き方を聞いて答えだけを書き込んだ。という方法もあまりお勧めできません。調べ学習には良い事もありますが、今は覚えるための効率の良さだけを考えた話です。

調べてその答えにたどり着くのにもかなりの時間を要しますし、調べた内容を全て書き留めて、まとめ直しておくのならまだしも、答えだけを見つけて書く、または質問して答えを書く。とそこで終了してしまっては、なかなか記憶には残らず、更には丸を付けることになってしまうので、あとあと振り返ることも無くなってしまいます。

TORii塾では調べ学習や質問は問題を解く段階では行わず、調べなければわからないことは飛ばして、丸付でバツを付けてあとから直しをする時に調べたり質問してもらったりして、必ずその内容を書きのこしてもらいます!

そうしなければその場だけの記憶になってしまい、テストまでその記憶が残っていることはまずありません。

正直な話その一回の直しだけでしっかり覚えきれる生徒も少ないですので、また同じような問題を解き直したときに解けなかった場合はその自分で作った直しノートを見返すことでより効率良い復習に繋がる事もあります。

まだまだ説明し出したらきりがないのですが、今の説明の他にも色々とアドバイスをしていきます。

直しの仕方でもそれぞれ個性があって千差万別ですし、一回教えただけで全員がすべて吸収してくれるわけではないので何度も同じことを繰り返したり、違うアプローチをしてみたりと、これをスムーズに生徒に実行してもらうだけでもかなり大変です。

今回はテストを解くときのポイントから派生した話になりましたが、この「飛ばしてもいいんだ」という意識があるのとないのとではテスト本番としてもワークを解くときの効率としても大きく変わってきます。

問題を飛ばすという事はTORii塾の自立学習のごく一部ですが、中には少数ですが飛ばさない方が効率が上がる生徒もいたりします。

ですのでそのやり方に完全に縛られてやり方を押し付けるわけではないですが、一度試してみないと少しずつ自立学習に向けての自分なりの勉強方法も確立していけません。

ちょっとずつ今の自分より良くなるための努力を惜しまず続けて欲しいと思います。

また機をみて色々な事をここでも説明していきたいと思います。

それではまた

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常