変えたいという気持ちの芽生え

   

TORii塾では3年生は部活を引退してから毎日塾に通う事を強く推奨しています。

現在の3年生の女子で部活をやっていた時期は週2で通っていて、7月くらいから毎日通うようになって生徒がいます。

始めのうちは毎日通う事に慣れていない為か、一日おきくらいに通っていたのですが、今ではほぼ毎日来て頑張っています!

通塾回数が増えれば自然と学習時間も増えるわけで、今まで出来なかった課題を進めることも出来るようになってきました!

そんな中でも大きな変化は、直しの仕方が大きく変わったという事です!

今までは、塾で進められたやり方を忠実に再現しているだけ。自分で覚えやすい方法を考えて工夫したりではなく、進められたやり方を素直にやる。チェックを受けてアドバイスされれば、その通りに改善、実行する。自分の意思はそこにはない。

という感じだったのですが、学習時間も増え、考える時間にも余裕が出来てきたからなのか、自分から「直しの仕方を変えてよいですか?」と言いに来ました!!

もちろんダメなわけもなく、むしろようやくか、待ってましたという感じなのですが、そこからは自分で勉強している感も強く感じられるようで、意欲の向上にもつながりかなり良い状態になってきました!

このことからも、自分で自分のやり方を振り返って工夫してみようと思えるようになるには、やはりかなり学習時間を確保する必要があると思います!

とことんやってみたけどどうもしっくりこない、このやり方で本当に良いのだろうか、と思えるようになるところまでまずはがむしゃらにペンを動かす必要があるということですね!!!!

 お問い合わせはこちら

 - TORII塾の日常