TORii塾の教育方針

生徒の考える力を伸ばす

私はこんな風に考えて答えを出したのですが、この考え方って正しいですか?

TORii塾では、このような質問にくる生徒がいます。

現在の受験は、情報を読み取り、それを自分なりに処理して回答を導き出す問題が増えている傾向にあります。有名大学では、辞典の持ち込み可のところも出てきています。

暗記力ではなく、思考力が求められるようになっているのです。物事を覚えているかどうかではなく、どう考えていくかが重要になっているのです。

TORii塾では自立学習を行っています。

一斉授業でも個別指導でもなく、生徒たちが自分の力で学習を進めていきます。与えられるだけでは、自分で考える力は育たないからです。

正しい勉強の仕方を覚え、問題に取り組み、考えて直しをすることで成り立つ勉強方法です。ただ解き方を教えて、それを覚えさせる指導は行いません。その場限りの付け焼刃の裏技やテクニックなどもほとんど教えません。

一生役に立つ「自分で考えて行動する力」を育てます。

効率的に実力をつける

勉強だけでなく、遊びも、部活も充実する。

小・中・高校生といった時期の様々な体験は、広く深い知識と経験をもたらします。TORii塾は、勉強以外の活動も全力で応援したいと考えています。

中学生は、遊びに勉強に部活に忙しい。だから勉強以外のことにも時間を使えるように、効率的に勉強をすることが必要です。

復習をしっかりすれば、驚くほど短時間で実力はつく。

一番効率的な勉強方法とは「復習」です。間違えた問題をもう間違えなければ、それは即座に点数UPにつながります。

TORii塾では「復習」にもっとも力を入れています。

定期テスト対策として、学校での進路に合わせたテキスト範囲をひたすら勉強します。自分で解き、丸付けをして、分からないところは調べます。それでも分からない場合やもっと知りたいことが出てきた場合は、いつでも講師に質問できます。そして間違えた問題を、完全に理解するまで何度でもくり返し直しをしたり解き直したります。

基本的にはこの流れの繰り返しです。

最初から最後まで、とにかく生徒の力でやります。この行動の流れが自立心を育てます。私たちはその流れの中で、もっと効率的に実力をつけられるようにアドバイスをします。

どんな風に問題を解くのか?どんな風に間違えたところをなおすのか?ノートはどんな風にとるのか?それを知っているのと知らないのとでは、身につき方が全く違うからです。

正しい勉強の仕方を身につけることで、無駄な勉強時間をなくし、充実した学生生活を送って欲しいです。

 お問い合わせはこちら